あいさつ | 介護付有料老人ホームケアマンションひだか

ごあいさつにかえて

21世紀に入り、我が国は少子高齢化社会を背景に介護事業の重要性がますます高まっています。大分県は高齢化率21.9%(全国9位)と高く、日田市でも22.3%、旧郡部では中津江(39.2%)から大山(25.6%)と全国平均17.2%を大きく上まっています。当地域の老人ホームの実態として、特別養護老人ホームはすべて満室で空き部屋待ちの老人が数多く存在しているのが実状です。健康な老人が多いことは喜ばしいことではありますが、一方で介護の必要があるにもかかわらず適切な介助が受けられず家族の肉体的、精神的な負担も大変大きくなっているようです。都会の有料老人ホームの場合は何千万もの入居一時金が必要な高額なホームであったりしますが、弊社は高額な入居一時金を負担することなく、一定の利用料(月額)をだけで、安心して暮らせる介護付有料老人ホーム「ケアマンションひだか」を開設することにしました。老後は何の気兼ねもない在宅で家族と共に楽しく暮らすことが一番ですが、当施設では

★ 家族同様の信頼できるスタッフが優しく、親身になって生活のフォローをいたします。
★ 施設備え付けの厨房で旬の食材を使った美味しい食事を提供します。
★ 入居者様方の意見を賜り、充実した老後のお役に立ちたいと思います。
★ 健康維持、機能回復に万全を期し介護度の進行を抑制します。

以上が当施設の目指す運営理念です。
この施設が高齢化社会の介護分野の一助となれば幸いです。

milk_btn_pagetop.png